Y.A(著) / 藤 ちょこ(イラスト)
 

書籍の内容

リーグ大山脈を貫く縦貫トンネルの出口は、ド田舎であった。
昔のバウマイスター騎士爵領よりも貧しく見えるオイレンベルク騎士爵領に、得も言われぬ驚きを覚えつつも、トンネルの運営への協力を求める話を進めるヴェル。
だが、領民たちと一緒に畑を耕しながらささやかに仲良く暮らす彼らには荷が重かったらしく、領主側は全力で権利の譲渡を申し出てくる。
これにより、少々面倒ではあるもののヴェルとブライヒレーダー辺境伯家、王国の三者で管理運営するという流れに話はまとまった。しかし……。
「親父! 兄貴! 正気か! オイレンベルク家大躍進のチャンスなのに……!」
突如現れた領主の娘カチヤによって、根底を覆されるはめに。
毎度のことながら、ヴェルの心労が尽きない。さらなる面倒ごとに巻き込まれる予感の第12弾!

作者からの一言

遂に八男も12巻目。
これも読者のみなさまの応援のおかげです。
ありがとうございます。

カチヤ初登場の12巻は、まず表紙の真ん中にあるカチヤの尻がいいと思います(作者の個人的感想)。
書店で手に取っていただければ幸いかと。
自分なりに頑張って加筆したつもりなので、WEB版共々八男をよろしくお願いします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧