冬木 洋子(著) / 庭 春樹(イラスト)
 

書籍の内容

髪飾りはどこに消えた!? 本と生き方を巡るささやかな冒険譚

小さな市立図書館の児童室に勤める
司 蕭子(つかさ しょうこ)は、
プライベートでは泣き虫で人見知り。

ある日、“司書子(シショコ)さん"と馴れ馴れしく蕭子を呼ぶ、
“タンテイ"、こと、反田(たんだ)とともに、
児童室で泣いていた女の子の髪飾りを探すことになるが……。

「本を開けばどこにだって行ける、
でも現実の世界はわたしには広すぎる――」。

不器用な本の国の住人が、
なけなしの勇気を胸に歩きはじめる
ハートウォーミングストーリー。

作者からの一言

『木苺はわたしと犬のもの ~司書子さんとタンテイさん~』のタイトルで投稿していた作品を、改題、全面改稿の上、書籍化していただきました。
Kindle版も同時発売になります。
どうぞよろしくお願いします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧