真弓 りの(著) / 山下 ナナオ(イラスト)
 

書籍の内容

あたし、ミリア。推定18歳。

一緒に街を飛び出したあたしの初恋の人……幼馴染のリッツが、勇者になってしまいました。

姫様に一目惚れしたらしいリッツは、今日も凄腕の仲間達と共にガンガン魔物を倒し、魔王城を目指して進んでいく。でも、あたしはもう限界。元々、ちょっと聖魔法が使えるだけの町娘だもん。

ますます戦闘は激しくなる一方、足手纏いになるのも嫌だし、リッツが魔王を倒して姫様と幸せになるのを見守るのだって悲しい。

もう、潮時かも。


そう考えていた矢先、夜中に仲間に呼び出されて素直に行ってみれば、パーティーを離脱した方がいいとのオススメでした。分かってるよ、あたしだってそう思うよ。

そんなあたしの言葉は最後までは言えず。

「ほう、要らぬのなら私が貰おう」

その場で、自称『魔王』に攫われてしまいました。


魔王城で知ってしまった魔王と人の裏事情。
町娘ミリアが迷いながら未来を掴み取るお話です。

作者からの一言

かなり加筆修正頑張りました!
勇者リッツや自称魔王の側近ファルの心情などを加筆しているので、今まで?と思うリッツの行動の意味もわかるかも……?

挿絵もとても素敵なのでぜひご覧ください。




書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧