なみあと(著) / 景(イラスト)
 

書籍の内容

いつまでも、いつまでも、彼の隣に。

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

ある日、「宝石を吐き出す」少女クリューと、宝石店店主スプートニクのもとに一通の手紙が届く。
送り主は、宝石商会会長・クルーロル。
内容はクリューへの「エルキュール宝石学校・体験学校」の入学案内だった。
遠く離れた地・大陸統都ヴィーアルトン市での体験学校であったが、クリューは一人でこの体験学校に参加することを決める。

一方、リアフィアット市に残ったスプートニクには、ある異変が起きていた。
その変化に戸惑っていた折、彼にとっては非常に好ましくない客が来る。

クリューとスプートニク。
出会ってから初めて離れ離れになる二人、彼らの胸に芽生えるものとは…。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
新章開幕。

作者からの一言

おかげさまで、6巻です。

『新章開幕』の巻となりました。
従業員クリューの成長と、店主スプートニクの波乱。
物思う『おんなのこ』、新たな物語の幕開けです。

どうぞよろしくお願いします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧