執筆バックアップ機能

お使いのブラウザで執筆した内容を自動でブラウザに保存し、任意で復元できる機能です。

執筆するすべての小説本文、及びフリーメモがバックアップの対象です。
パソコンとスマートフォンのみ対応しています。

この機能は、執筆中に意図せず正常に保存が行なわれなかったケースにおいて内容を復元できるよう作られています。
同一端末・同一ブラウザでのみバックアップ内容を参照する仕様となっておりますので、
執筆に際しては保存機能を中心にご利用いただけますようお願い致します。

バックアップ対象のページ

・新規小説作成
・執筆中小説の編集
・投稿済み小説の編集
・次話投稿(※本文を直接入力する場合)
・ダイレクト投稿(※パソコン版のみ)

バックアップ一覧(バックアップされた内容を確認するページ)へのリンクは、
上記ページと執筆中小説一覧、投稿済み小説一覧に設置しています。

前書き・後書き・あらすじ等、本文とフリーメモでないものはバックアップの対象外です。

使い方

バックアップ対象のページで入力を行なうことで、自動的にその内容が保存されます。
保存ボタンを押さなくても、一文字でも入力することでバックアップ一覧に保存されます。
本文未入力でフリーメモのみでも保存されます。

使い方の例 ― 新規小説作成からバックアップと復元まで

  • 新規小説作成ページで本文の入力欄に何か書きます。
  • バックアップ一覧に移動します。
    バックアップ一覧
  • 〔内容確認〕を押すと、バックアップしている内容が表示されます。
    バックアップ内容確認
  • 「復元する」のリンクを押すと、バックアップ元である新規小説作成ページに移動します。
  • 本文入力欄に復元された内容が入っているので、保存してください。

注意事項

同一端末、同一ブラウザで執筆した内容のみが保存されます。
例えばネットカフェでの利用や、パソコンとケータイで執筆を行なっている場合はバックアップの参照内容が異なります。

javascriptが無効な場合や、古いブラウザでは動作しない場合があります。
ブラウザのキャッシュを保存しない設定にしていると、バックアップが保存されません。
ブラウザのキャッシュをクリアした場合、保存内容は破棄されます。

備考

バックアップタイトルが日付になるケースについて

タイトルが未入力だった場合、最初にバックアップデータが作成された日時がタイトルとして使用されます。

また、投稿済みの作品タイトルはバックアップ一覧で参照できない仕様です。
連載はサブタイトルがバックアップタイトルに入りますが、短編は日付がバックアップタイトルに入ります。
ダイレクト投稿でタイトルを入れた後にページを移動した場合も、日付が入ります。

この機能は本文・フリーメモ欄の入力動作を元に保存を行なっています。
その為、〔本文入力→タイトル入力→画面移動〕の順で操作を行なうとバックアップにはタイトルが保存されません。
〔タイトル未入力のまま本文入力→タイトル入力→画面移動〕の場合、バックアップタイトルは日付になります。

すでにバックアップされているものと同じタイトルで執筆した場合

同一タイトルの執筆はバックアップ内容が上書きされます。

執筆後に正常に保存できている場合も、バックアップが保存されています。
執筆内容を編集すると、そのバックアップデータも上書きされます。

異なる連載作品で同じサブタイトルがついている場合、編集すると同一のバックアップデータが上書きされます。

バックアップデータの保存条件について

バックアップ対象のページで入力を行なうことで、自動的にその内容が保存されます。

入力後、保存を取りやめた場合であってもバックアップデータが作成されます。
入力した内容をすべて削除してからページを移動すると、本文が空のバックアップデータが作成されます。

バックアップデータの保存上限について

バックアップデータはご利用中のブラウザに50件まで保存されます。

50件までデータが作成された場合は、以降新規にデータが作成されるごとに作成日の古いものから順に自動的に消去されます。

バックアップデータの手動削除について

バックアップデータの個別削除機能はありません。

ローカルストレージをクリアすることで、データを一括削除することは可能です。
削除方法はご利用のブラウザごとに異なりますので、運営側ではご案内致しかねますこと予めご了承ください。