運命の輪 ~巡る想い~ [単行本(ソフトカバー)]
夢星 藤姫(著)
 

内容

神の世界と人間の世界がまだ境を異にしていない時代。
外の世界を一目見たいと、お忍びで訪れていた闇の神の娘、イルチェセール。そこで彼女は偶然、大地の女神の息子、ウィリデマールと出会う。
数年後、二人は運命的に再会し、互いに惹かれていく。しかし、光と闇、相反する力を持つ者同士の恋は禁忌とされていて――。
二人の想いを巡り、大きく動き出す神々の運命を描いたファンタジーです。

作者からの一言

小説家になろうでは、超スローペースで作品をUPしております。
この話は、現在は削除ずみですが、「小説家になろう」にて掲載しておりました。
一応、三部作予定で、今回書籍化したのは第三部のため、その内、第一部、と第二部も
「小説家になろう」にて連載する予定です。その際にはよろしくお願いします!
あ、もちろん、一部完結タイプに近いので、第三部だけで読めるお話ですからご安心ください!

初めての書籍で、とても感慨深いです。
皆様に少しでも楽しんで読んでいただければ、と思います。
神話をモチーフにしたファンタジーに興味がある方はお手に取っていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

蒼井 マリル
ひろりん

レーベル一覧

出版社一覧