吉本洋城(著) / 皇 征介(イラスト)
 

書籍の内容

慶長十九年(1614年)、大坂の陣が勃発。この戦いに燃え落ちて敗れた記憶を持つ豊臣秀頼は、自らの運命を変えるために動き始める。一方、戦国時代の覇者である徳川家康も着々と豊臣家を滅ぼす準備を進めていた。今、戦国最後の戦いの幕が上がる!

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧