やとぎ(著) / 一二三書房(編集)、Genyaky(イラスト)
 

書籍の内容

 ローエンシア王国の王都フェルネルにはアンデッドが毎夜出没するというローエンベルク国営墓地があった。
 凶悪なアンデッド達が闊歩する危険なローエンベルク国営墓地を代々管理するアインベルク家、主人公アレンはその現当主である。
 毎夜発生するアンデッドや迷惑な侵入者達をあしらいながらアレンと仲間達はローエンベルク国営墓地を駆け抜ける。

 最強アンデッドスレイヤーが無双する爽快ファンタジー第二弾!!

作者からの一言

 やとぎです。おかげさまで『墓守は意外とやることが多い』の第2巻を無事発表する事が出来ました。
 第2巻のイラストも一巻同様にGenyaky様が手がけてくれました。素晴らしいイラストですので大いに堪能していただけると思います。
 さて肝心の内容ですが、Web版の52~88部の内容を中心に新たに書き起こしてみました。また書き下ろしの内容は、ヒロインの一人であるフィアーネがアレンに好意を持つに至ったエピソードとなっています。
 Web版を読んでいただいた方も楽しめるような内容を目指していますのでぜひ手にとっていただければと思います。
 また店舗特典としてSS『贈り物』があります。アレンとレミアとの日常の一コマの話となっています。詳しいところは一二三書房様のサイトをご確認いただければと思います。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧