放送委員会のススメ [単行本(ソフトカバー)]
飯田橋 ネコ(著)
 

書籍の内容

 どこにでもある普通の高校で繰り広げられるありふれた学園生活を斜め下あたりから支えるお仕事集団。“飯田橋高校放送委員会”の日常を描いた業務用群像劇。
 「せんぱーい。コレほんとに出版されるんですか? あたし的にはいろいろとマズいと思うんですケド……」
 「……まぁ執筆歴ゼロの素人が二週間で書いた文章だから仕方がないよないろいろと」

 ポケベル全盛期に青春を謳歌し、いまとなっては連絡もつかない皆様へ。

作者からの一言

 はじめまして。飯田橋ネコと申します。この度、株式会社文芸社さまより拙作『放送委員会のススメ』が出版されることになりました。上記の通り、執筆歴ゼロの素人が約二週間のべ35時間で書いてみたPV一桁台の底辺作品がまさかの出版です。本当にいろいろと大丈夫なのでしょうか? もしご興味のある方がいらっしゃいましたら先に、なろう版を見て内容を確認して頂くことをお勧めします。なお、なろう版と書籍版の違いは下記の通りです。

<書籍版の改善点>
・誰が喋っているのかわからない台詞不具合を修正しました。
・誰視点かわからない不具合を修正しました。
・各話のサブタイトルを大幅に見直しました。
・削りすぎた助詞や句読点を一部復帰しました。
・高○生が飲酒するだなどというけしからぬシーンを削除しました。
・実在する企業・団体を連想させる表記を削除しました。
・主人公が卒業したら終わり、ってことにしました。

<ご注意>
・ごく稀に、読後“いろいろとやり直したくなる症状”が確認されております。


 以上、何卒よろしくお願い致します。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

ひろりん

レーベル一覧

出版社一覧