池中 織奈(著)
 

書籍の内容

国王陛下の妃の一人として、後宮に入った侯爵令嬢のレナ。正妃の座をめぐって争いが絶えない後宮で、彼女は陛下に相応しい妃を正妃にしようと奮闘している。レナの行動を最初は怪しく思っていた陛下も、近頃は彼女に好意的な様子。そんな中、レナの周囲で不穏な出来事が……。腹心の侍女が行方不明になってしまったのだ! レナは必死で彼女を探すけれど、行方は一向につかめない。さらにはレナ自身のもとに、凄腕の刺客が送り込まれてきて――。陛下の正妃選びとレナの運命はどうなる!? ひたむき令嬢の痛快恋愛(?)ファンタジー、堂々完結!

作者からの一言

『妃は陛下の幸せを望む』の二巻を発売出来ることになりました。これも応援してくださった読者様方のおかげです。本当にありがとうございます。
今まで出した書籍は単刊だったので、初の続刊を出せることになり、本当に嬉しいです。
書籍版では、読みやすいように改稿・加筆をしているのと、その後の番外編も執筆しました。なので、WEB版を読み終えた読者様でも楽しめると思います。
よろしければ手に取っていただければ嬉しいです。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧