浮世 草子(著) / 植田 亮(イラスト)
 

書籍の内容

大人気異世界ゲームファンタジーついに完結!
魔物と人間の決戦の日が迫る! 英雄となった少年の運命は? そして感動のラストは?

人の魂を生贄にし、世界の理を捻じ曲げる秘術を悪用している魔物たち。
そのことを知ったケイオスは秘術の発動を阻むため教会と協力する。
魔物の脅威に対して、同盟を結んだ三国は連合軍を結成し、新たに設けられた駐屯地で魔物の侵攻を防ぎ、北にある魔物の拠点を突き止めるため探索部隊を派遣する。
ケイオスは駐屯地で周辺の魔物の討伐を行っているが大規模な魔物の侵攻の兆候はなく一時の平和が訪れていた。
そんな中ケイオスはアレクシアがヴァイクセル帝国の皇帝ヴィクトルと結婚する噂が流れていることを耳にする。
自分の想いに悩むケイオス。悩んだ末に彼が出した答えとは。
そして北の大地で神殿が発見される。それは邪神が封印された神殿であり、魔物の拠点となっており、おぞましい儀式が行われていた。
三国はその儀式の阻止と拠点の制圧のために遠征軍を向かわせる。魔物と人間の決戦の日が迫っていた。

作者からの一言

特典情報など、ホームページに掲載しております。
詳しくはホームページをご確認ください。
http://herobunko.com/

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧