遠藤 遼(著) / 伏見 おもち(イラスト)
 

内容

楽しく生命保険がわかっちゃう!?
平日は冴えない保険営業、週末は天才陰陽師のオカルト×お仕事ストーリー、第二弾!
小笠原真備はお人よしな性格のせいで中々成績が上がらない生命保険の営業マン。だがその正体は武蔵野を中心に人知れず悪霊調伏をする、稀代の天才陰陽師だ。
真備は上司・前橋のマネージャー査定が危ういと聞き、気合を入れて営業に励む。早速、真備は以前、生霊化から救った桜子の紹介で、保険を見直したいという平山家を訪れる。保険契約について はスムーズに話が進んだが、ある霊能者の話題になった途端、桜子の体調が悪くなる。実は平山夫人は邪教霊に取り憑かれかけていて――!?

作者からの一言

おかげさまで、『週末陰陽師』第2巻です!

web公開版(前巻)の続編で、全編書き下ろしです。

よろしくお願いします!

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧