リューク(著) / 一二三書房(編集)、村カルキ(イラスト)
 

内容

松本忍は30歳を超えても彼女の一人もおらず、人生の大半を日本の城への愛につぎ込んでいた。
ある日、竣工式を見ていたはずの忍は、気づいたら『ロイド』という名の美青年に転生し、矢と魔法が飛び交う戦場に立っていた。戦場から逃げ延びた忍──ロイドは、気を失っているところをマリーという少女に助けられる。 助けてくれた恩返しに、持てる知識を駆使してマリー親子の畑仕事を手伝い始めるロイド。 やがてロイドが村の一員として認められた頃、村をゴブリンの群れが襲い、かけがえのない人を亡くしてしまう。
悲しむ間もなく再度迫り来るゴブリンの群れ。ロイドは日本の城の防衛設備を応用し、ゴブリン迎撃の準備を整えてゆく──。
大切なものを守るため、異世界で日本式城郭を築城する『ロイド』の一代記!

作者からの一言

なによりも村カルキ先生のイラスト!美麗イラストを見てください!

文章については、ヒロインの出番も大幅に増えており、お話の構成での矛盾点も解消しております。
また、本書専用に書き下ろしたストーリーも本筋の話に関連しており、より日本式城郭の世界観を広げて楽しめます。
是非ともお手に取って頂きますよう。よろしくお願いいたします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧