守野 伊音(著) / 戸部 淑(イラスト)
 

内容

ゼフェカの企みにより、十年の蟠りが噴出したグラース国とブルドゥス国。
軍士の大規模な離反が現実となってしまった中、カズキは偽黒スヤマの侍女としてお茶会に付き添っていた。
ゼフェカがそばを離れたこの好機に、少しでもスヤマから情報を得ようと、イヴァルとヒューハと共におしゃべりに花を咲かせてスヤマの動揺を誘う。
そんな中、会場内に一人の男が現れ、カズキに動向を願い出る。知らない男に警戒するカズキ。だが、男の正体を知って一気に警戒を解く。
男は問う。「異世界人の目から見て、この国が好きか」と。
カズキは、その質問にこう答えた――――。

作者からの一言

特典情報など、ホームページに掲載しております。
詳しくはホームページをご確認ください。
http://herobunko.com/

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧