柏 てん(著) / 細居 美恵子(イラスト)
 

書籍の内容

れんげ、29歳、最強社畜。本日、人生を捧げて働いてきた一流商社から理不尽な退職勧告を受けました。帰宅したら、そこには結婚予定の彼氏と見知らぬ女が……「俺がいなくても、れんげは生きていけるだろ?」。そんなことあるか、ボケ! 憤怒の涙を堪え、れんげは旅立つ。一度は行きたかった未踏の地、京都へと。そこで出会ったのは、古町家に住むおっとり系大学生男子と、おしゃべり(!?)な黒狐。黒狐曰く「れんげの願いを叶えて、徳を積むのです!」だと。知るか!! と打ち捨てたい気持ちマンマンなれんげだったが、次から次へと怪異に巻き込まれ……。京都・伏見を舞台に、妖かしと老舗甘味を巡る、不思議な物語、開幕!

作者からの一言

初めて現代日本を舞台にした本を書かせていただきました
このために京都の和菓子屋さんを行脚したのも今ではいい思い出です
読んでいただいた方に、この和菓子食べてみたいなあと思っていただけたら嬉しいです
それではよろしくお願いします

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧