季菜こもち(著) / lain(イラスト)
 

内容

若き検察官、七階堂大樹(ななかいどう・だいき)。体制に取り込まれた彼は、上司に命令され、無実の者を死刑に導いてしまう。法廷を出た大樹を待っていたのは、包丁を持った被告人の家族だった。
胸を一突きにされ、死を覚悟した瞬間、彼の視界が歪む。
気が付くとエルフの巫女・エレナによって、人間が亜人を支配する世界に召喚されていた。そこは、なぜか日本の法律が適用され、六法全書が聖典のように扱われる世界。
見せ物と化した裁判で、亜人たちは次々と不当判決を受け、処刑されていく。彼らを救うため、大樹は立ち上がる。敵は魔法をも裁判に持ち込む無敗の検察官。
大樹は現世で得た知識だけを武器に弁護士(バリスター)として圧倒的に不利な状況に立ち向かってゆく――。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧