棚花 尋平(著) / 巖本 英利(その他)
 

書籍の内容

蔵人は予てよりの因縁の相手、勇者ハヤトとのどつきあいに勝利し、サレハドをあとにした。新天地を求め、海を渡る。
――が、遭難してしまう。
船は『精霊の悪戯』と呼ばれる嵐に遭遇し、大破。蔵人たちは海に投げ出されてしまう。浜に打ち上げられ、衰弱していた蔵人を待っていたのは、燦々と降り注ぐ太陽の光と白い砂浜、鬱葱としたジャングルに魔獣の襲撃。
地元のハンターの助けもあり、なんとかピンチを脱したものの、同行していた雪白やイライダとははぐれ、魔導書は全滅と、散々なスタートを切る蔵人であった。
新章突入! 舞台は一転して南国!
そしてヨビという奴隷の女との出会いが、蔵人を再び面倒事へと誘っていく……。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧