二ツ樹五輪(著) / 赤井てら(イラスト)
 

内容

ユキが女の子に戻るための第二の試練として、<鮮血の城>の攻略とリーゼロッテとの闘いに挑む綱たち八人。
無数の鉄球、身を焦がす灼熱、課せられた制限時間、己の抱く脅威、そして死の因果。待ち受けていたのは、死という救済の許されない冒険者としての試練だった。
「これが全て灯っている内はまだ誰も諦めてないって事か……」
幾度となく《自滅》の苦痛を味わう綱だったが、八人の冒険者を表す八本の蝋燭が彼を奮い立たせる。
そして、幾重もの関門を越え、リーゼロッテとの激戦が幕を開けようとしていた。
綱の失われた記憶の断片がついに明らかに!? 物語はその無限の先へと向かう!

作者からの一言

MFブックスより「その無限の先へ」第六巻発売です。
毎巻、ノリの落差が激しい本作ですが、今回はちょっとだけハードな話です。
ツナハードです。(*´∀`*)
こんな酷い試練を考える奴はどんな顔をしてるのか、一回見てみたいですね、まったく。(*´∀`*)
見所は、Web版では視点変更で何考えているか分からなかったツナの死の因果です。色々ぶっ千切って見てはいけない世界を見ています。
ユキの試練を突破できるのか。ゴミの汚名は返上できるのか。サージェスさんはいつも通りなのか。
ちょっとだけ辛い鮮血の城が始まるぞー。(*´∀`*)

また、本作や(*´∀`*)の最新情報については無駄に多い活動報告で。
感想返しもこちらでやっています。
http://mypage.syosetu.com/543481/

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧