古宮 九時(著) / 森沢 晴行(イラスト)
 

内容

『――立ち去るがよい、外部者よ』
ついに辿り着いた、魔法大国ファルサス。しかし世界を害する“異物”と判ざれた雫は、非情にも王・ラルスに剣を向けられる。
ラルスと戦う決意をし、瀕死の重傷を負った雫の一方、エリクは過去を追憶する。自らが殺した、ある一人の少女のことを……。
そして“死者蘇生”の禁呪による事件で国中に暗雲が漂うなか、雫とエリク、二人の運命は分岐点を迎え――。
異世界の秘された“真相”が明らかになる、衝撃の第2巻!

作者からの一言

web版のAct.2に相当する一冊です。異世界トリップの言語についてつきものの問題に、正面から激突するお話です。よろしくお願いいたします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧