小野崎 まち(著) / カスヤナガト(イラスト)
 

内容

失われないものなんて、この世界には何ひとつない―。 心の奥から涙が零れる、かけがえのない喪失の物語。

読めば3回涙する、
ひりつくように愛おしい喪失の物語。

失われないものなんて、この世界には何ひとつない―。
美術教師・栄一郎は自身の個展にひとつだけ自身のではない絵を持ち込んでいた。『ここではない何処かへ(サムウェア・ノットヒア)』というそれは、圧倒的な存在感を放ち、見る者に痛烈に何かを問いかけてくる―。高校時代、栄一郎は幼馴染みの零子と美術同好会に所属していた。零子は没頭して絵を描き、天才的な才能を持つが、あることをきっかけに心を壊していき…。読めば3回涙する、心の奥から涙が零れる、かけがえのない喪失の物語。

作者からの一言

■著者プロフィール
小野崎 まち
二十世紀末生まれ。
関東北部在住。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧