Swind(著) / pon-marsh(イラスト)
 

書籍の内容

第4回ネット小説大賞受賞作!

タクミは途方に暮れていた。電車で眠っていたはずが、気づくと蒸気機関車に乗って、ヨーロッパのような田園風景の中を走っている。
そして、隣の妻は、猫耳の少女になっていた。終着駅の駅長によると、タクミと妻は、異世界が交わる現象「時線の転轍」に巻き込まれたらしい。
そして二人は、駅長の計らいで、その終着駅で喫茶店「ツバメ」を営むことになったのであった。
駅を乗り過ごしてしまった少女。毎週一回、決まって駅を訪れる老人。世界を飛び回る目利きの女実業家。駅には毎日、いろんな出会いがやってくる。
人と食べ物、そして思い出が出会う、ちょっと不思議な物語。

作者からの一言

昨年春から書き始めた本作品が『ネット小説大賞』を受賞させて頂き、書籍化することとなりました。

近代世界をモチーフとした“蒸気機関車の汽笛が鳴り響く異世界”の喫茶店を舞台に、主人公夫妻が、時に賑やかに、ときにほっこりと縁を紡いていくお話です。

書籍版はなろう掲載版から全面改稿の上、新作短編も書き下ろしています。
また、作中料理を再現できる『ツバメ謹製レシピ』も書き下ろしました!

pon-marsh様の素敵なイラストで、飯テロ度もますますパワーアップしております。

ぜひ多くの皆様の目に留まり、そしてお腹が空いて頂けましたら幸いです。

また、本作品はコミカライズも決定しました!
ぜひコミカライズ版でもお目に留まれる日を楽しみしております。

それでは、なろう版、書籍版、そしてコミカライズ版とぜひご堪能いただけましたら幸いです。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧