筏田 かつら(著)
 

内容

内定を取り消され将来の不安に苛まれる大学生・行成と、引っ越したばかりで周りに馴染めずにいる小学生・マサキ。
それぞれの悩みを抱える二人は、偶然知り合ったのち、近所に住む歳の離れた友人として徐々に親交を深めていく。
しかし、行成が「可愛いらしい男の子」だとばかり思い込んでいたマサキは、実はれっきとした女の子で、そのことを打ち明けられないまま行成へ恋心を抱き始めてしまい……。

現実にもがく二人の成長と、小さな恋の物語。

作者からの一言

商業デビュー作であり、作者にとって初めて書いた長編小説でもあります。

この話は、作者が幼かったころの人間関係のいざこざや、どうしようもない恋心など、様々な葛藤を抱きながら過ごしていたことを思い出しながら書きました。子供にだって、悩みがあるんです。そして大人になったからってすべてが解決するわけじゃない、と。

だけどその中に少しの希望があれば、強く生きていけるのかもしれません。

ままならない日々を過ごす若い方と、かつて若かった大人の方に読んでいただきたいです。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧