溝口 智子(著) / げみ(イラスト)
 

書籍の内容

読むとお菓子が食べたくなる!
ほっこり&しんみり、味のある人生には当店のお菓子を。

九州・博多にある、和洋問わず客から注文があった菓子ならなんでも作ってしまう老舗菓子屋「お気に召すまま」。今日もサボり癖のある店主・荘介と、接客兼“試食係"のアルバイト・久美の二人でほのぼの営業中。
新年のガレット・デ・ロワや恋する薔薇酒、雛祭りのさげもん、博多山笠の水無月など客の思いに応える菓子をつくる日々だが、ある日久美は、荘介の友人で常連のフードライター・斑目が、店にあった夏みかんを避けていることに気づき…?
想いを届けるスイーツ、作ります。博多のほのぼのお菓子ライフ。

作者からの一言

■著者
溝口 智子(みぞくち・さとこ)
福岡育ち、福岡在住。好きな博多弁は「なんばしようと?」。お酒と食べることがなによりも好き。2015年、小説投稿サイト「小説家になろう」で開催した『第1回お仕事小説コン』にて本作がグランプリを受賞し、2016年3月にデビュー。『万国菓子舗 お気に召すまま ~お菓子、なんでも承ります~』が読書メーターで日間・週刊・月間「読みたい本ランキング」で1位を獲るなど大好評を博し、シリーズ化となった。

■イラスト
げみ

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧