夜々里 春(著) / 一二三書房(編集)、村上ゆいち(イラスト)
 

書籍の内容

ディザイドリウム大陸を襲った新種のシグルのドリアークや複数の凶悪なモノセロスたちを、ジャノをはじめとしたディザイドリウム騎士団の協力により、撃退したベルリオットとリンカ。
しかし、この一件で証明された大陸落下説によってリヴェティアのみならず、各大陸の王も大陸降下の問題を無視出来なくなっていた。
大陸を浮上させている〝運命の輪〟に蓄積されるアウラの減少が招いた大陸落下──。 その果てにあるのは狭間の世界の滅亡。ディザイドリウム国民のリヴェティア大陸への移住が進む中、聖都メルヴェロンドではリヴェティア王リズアートの提言により、最後に残る大陸──人類最後の砦を決める『七大陸王会議』が開かれようとしていた……。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧