なみあと(著) / 景(イラスト)
 

書籍の内容

○第2回「なろうコン」からの追加書籍化タイトル
○イラストは、イラストコンテスト「Crafe」の第5回から、「ぽにきゃんBOOKS賞」受賞者の景が担当


「君。どうして彼女を守っている?」

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

「宝石を吐き出す」少女クリューと彼女の働く宝石店の店主・スプートニクは
フィーネチカ市から戻り、平和な日常を送っていた。
しかし、フィーネチカ市で聞いた「ある言葉」が胸に引っかかったままのクリューは、
自分の内の波立つ想いに戸惑ってしまう。
悩んだ末に、彼女はスプートニクと距離を置くため、家出を決意するが…。

そしてそれから数日後、二人のもとに再び、見覚えのある二人組が訪ねてくる。
彼らがリアフィアット市に訪れた目的とは。
――彼の想う、彼の過去とは。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
想いを紡ぐ第4巻。

★特別短編「スプートニク宝石店 四季のおはなし」収録!

作者からの一言

おかげさまで、4巻が刊行となりました。

今回は、もやもやを心に抱えながらリアフィアット市に帰ってきたクリューのお話です。
また、スプートニク宝石店のおだやかな毎日を書いた「四季のおはなし」も収録して頂きました。

楽しんで頂けたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

レーベル一覧

出版社一覧