(著)
 

書籍の内容

この世界には、レベルという概念が存在する。

 モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。

 また、誰もがモンスター討伐に乗り出せる訳ではなく、生まれついて神から授かった役割(ロール)にも大きく影響を受ける事になる。

 能ある役割と呼ばれている役割は八種。戦士。武闘家。僧侶。魔法使い。盗賊。商人。狩人。呪術師。

 天啓とも呼ばれる特殊な力をもつ役割は三種。王族。勇者。賢者。

 そして尤もその人口が多く、力無きものとして農業や宿屋。街を発展させるために尽くす最弱の役割……村人。

 戦う力を持たない村人が、モンスター討伐の稼業に乗り出すのは自殺行為に等しい。

 だがある日。村人という役割をもって生を受けた二歳になり立ての子供は気付いてしまう。



 モンスターを倒したら…………お金が手に入る事に。

作者からの一言

アニメイトで購入するとショートストーリーの特典が付きます

書籍情報

小説家になろう登録情報

関連書籍

星月 子猫
星月 子猫
星月 子猫
星月 子猫

レーベル一覧

出版社一覧