連載小説の続きを書く

小説家になろうでは、連載小説の続きのことを「次話(じわ)」と言い、連載の続きを投稿することを次話投稿と言います。
以下、次話投稿の方法についての説明です。

次話投稿の大まかな流れ

  • 連載の一部分目を投稿する
  • 次話書いて執筆中小説として保存しておく
  • 次話投稿ページへ行く
  • サブタイトルを入力する
  • 次話投稿[確認]ボタンを押す
  • 内容を確認し、次話投稿[実行]ボタンを押す

次話投稿

次話投稿フォームへのリンクの場所
・小説投稿履歴の「>>次話投稿」
・小説管理ページの上部メニュー
・小説管理ページのサブタイトルの一番下

スマートフォン版
・執筆中小説管理ページの上部メニュー

モバイル版
・執筆中小説管理ページの投稿メニュー8番

小説本文

「▽執筆中小説から投稿」で、執筆中小説を選びます。
すでに手元に完成した原稿がある場合は、入力欄に直接書きこむこともできます。

※執筆中小説管理ページから次話投稿へ進んだ場合は、執筆中小説を選択する必要はありません。

前書き・後書き

各部分それぞれに「前書き」「後書き」を書くことができます。ここの入力は任意です。

完結設定

完結する場合は「この部分で完結します」を、連載を続ける場合は「まだ続きます」を選びます。

割り込み投稿

次話を新たに投稿する場合、割り込みを行ない任意の場所に差し込むことが可能です。
最新部分として投稿する場合、この項目を変更する必要はありません。

1.投稿例

すでに以下のように投稿しているとします。

〔第一部分〕1話
〔第二部分〕2話
〔第三部分〕3話

「登場人物紹介」を第一部分に割り込み投稿してみます。

〔第一部分〕登場人物紹介
〔第二部分〕1話
〔第三部分〕2話
〔第四部分〕3話


※〔第○部分〕というのは部分番号です。目次はこの部分番号の順に並んでいます。

2.割り込み投稿を行なう部分の指定方法

上記の例で説明します。

▼連載部分数が49部分以下の場合
セレクトフォームで「第一部分」を選択する。

▼連載部分数が50部分以上の場合
入力欄に半角で「1」と入力する。

※セレクトフォームの選択肢数が増えると、パソコンによっては読み込みエラーが発生する可能性があるため
50部分以上の場合は直接入力で指定するように切り替えています。

割り込みさせる際の指定として、「存在しない部分番号」「全角入力」での指定は無効となります。

予約設定をして割り込み投稿する

掲載予約設定をして割り込み投稿する場合、いくつか注意が必要です。

割り込み投稿