ルビの振り方

小説にはルビを振ることができます。

ただし、ルビ表示非対応のブラウザでは閲覧できません。
ルビ表示に対応しているブラウザで閲覧するか、PDF変換して閲覧した場合のみルビとして表示されます。

書き方

書き方:わたしは|山田太郎《やまだたろう》と申します。

| は開始を表す記号で、 《 》 に囲まれた文字がルビとなっています。
| 及び ( ) は全角・半角共に反映されます。

今表示している | は半角の縦棒です。

入力モード半角英数の状態で、
 [Shift]を押しながら[BackSpace]付近にある[\]を押すことで入力できます。

小文字のLではありません。

自動でルビ扱いとなるケース

| は省略することができ、下記のような書き方も対応ブラウザではルビとして表示されます。

書き方:わたしは山田太郎(やまだたろう)と申します。

他、以下の場合は自動でルビ対応となります。

・ 《 》 の前が漢字
・ ( ) の前が漢字且つ ( ) の中がカタカナまたはひらがな

()内をルビ扱いにしたくない場合

「山田太郎(やまだたろう)」と書くと、()内は自動的にルビとなります。
これをルビにしたくない場合は、( ) の前に | をつけることで回避できます。

書き方:わたしは山田太郎|(やまだたろう)と申します。
見え方:わたしは山田太郎(やまだたろう)と申します。

見え方

対応ブラウザでは以下のように見えます。

ルビサンプル
他、以下のようにひらがな・カタカナ以外のルビを使うこともできます。

ルビサンプル2

ルビの仕様

ルビ及びルビの対象となる部分は10文字以内で入力してください。
11文字以上入力された場合はルビが解除されます。

ルビ対応可能箇所

小説本文・前書き・後書き

ルビ付きで見られないケースについて

ルビ表示非対応のブラウザでは閲覧できません。
モバイル版とスマートフォン端末のAndroid バージョン2.x系ではルビ表示が非対応です。

ルビ表示対応ブラウザ

2014/01/06現在、以下のブラウザで標準でルビが表示されることを確認しています。

Windows: Internet Explorer 10
Mac:Safari(Ver.6.1)