メール小説執筆

メールで小説を書いて送信するだけで執筆中小説を作ることができます。

メールを使う利点は?
■ケータイのメールを使うので電波の悪い所でも執筆できる
■執筆中小説として送信した後はメールの送信ボックスに残るのでバックアップにもなる
■WEBサイトにアクセスしないのでパケット代が大幅に節約できる

使い方

  • 【受信用メールアドレス】をアドレス帳に登録する。
  • メールの作成画面を開く。
  • 件名に「作品タイトル」を入力する。
  • メールの本文(内容)に「小説」を書く。
  • 宛先に【受信用メールアドレス】を指定する。
  • 送信する。

受信用メールアドレスとは

メール小説執筆機能は、ユーザから小説家になろうのシステムにメールを送ることによって行なっています。
そのとき必要になる宛先が受信用メールアドレスです。
このアドレスをあらかじめ電話帳に保存しておくと宛先入力が楽になります。

受信用メールアドレスはログイン後、メール小説執筆のページで確認することができます。

注意事項

ユーザ情報に登録しているメールアドレスからの送信のみ、執筆中小説として受け付けます。

受信用メールアドレスは、ユーザ情報に登録しているメールアドレス以外からは執筆中小説として受け付けない
ようになっています。
例えばケータイから受信用メールアドレスに送信してもパソコンのメールアドレスしか登録していなかった
場合、本人確認が出来ないものとして受付は拒否されます。
ご注意ください。

送信するときはテキスト形式で送信してください。
html形式は非対応です。

受信用メールアドレスの変更

受信用メールアドレス「ユーザID_xxxxxx@nget1.hinaproject.com」のxxxxxxの部分は自由に変更することができます。
設定はユーザページから【メール小説執筆】へアクセスし、【受信用メールアドレス設定】で行えます。

受信用メールアドレス設定

入力欄には6~15文字のアルファベット(小文字)または数字を半角で入力してください。

Q&A

送ったメールが執筆中小説に届いていない。
メール小説執筆にある【過去の受信履歴】をご確認ください。
エラー原因が書かれているかもしれません。
特に記載がない場合は、メールが届くまでに時間がかかっている可能性があります。
送信したら「相手先ホストの都合により送信できませんでした」とメッセージが出た。[docomo]
宛先(受信用メールアドレス)が間違っている場合にこのメッセージが出るようです。
ユーザページのメール小説執筆のページでアドレスをご確認ください。
メール小説執筆で小説の続きを送信していくと執筆中小説がたくさんできて作業が大変です。
なんとかなりませんか?

ケータイ・スマートフォン版には執筆中小説同士を【結合】させる機能がございます。
是非ご利用ください。

使用できないメールアドレス

.@」:「@」マークの直前に「.(ドット)」があるメールアドレス。
..」:「.(ドット)」が連続してつけられているメールアドレス。

小説家になろうではRequest for Comments(略称RFC。国際的な標準規格)に則り、規格外のメールアドレスは使用できないものとします。

メールアドレスに空白スペースが入っている場合も無効になります。
ケータイから入力する際は半角スペースが入りやすいのでご注意ください。