データでご紹介!
今 日 の 一 冊

第32回 2017.3.7

能力目当てで利用されるのは、嫌です。

異世界で乙男、主夫になります!

港瀬つかさ

物語

釘宮悠利は、
綺麗なものや可愛いものが大好きな、
【乙男(オトメン)】だったが、
ある日、学校帰りに、
異世界のダンジョンに転移してしまう。

悠利は状況を把握するため、
ダンジョンの壁を見ると、
そこに情報が表示される事に気づく。

同様に、自分のことを見ると、
最上級技能:【神の瞳】 を持つ、
鑑定系最上位職業:【探究者】
である事を知る。

この他、
料理・裁縫・調合・鍛冶:スキルLv50
運:∞
と様々な能力が高く、
自身がチートな存在であることを理解。

悪目立ちしないように、
能力を隠していくことを決意する。

その後、ダンジョン内を進むと、
ここを探索していた人々と遭遇する。

その瞬間、吊り天井の罠を見抜いた悠利は、
咄嗟に壁際へ移動するように指示を出し、
彼らの命を救った。

助けた人々は、クラン《真紅の山猫》であり、
リーダーのアリーに、感謝されると同時に、
何者かと尋ねられ、悠利は迷子だと答える。

転移の罠で飛ばされたのだろうと、
一旦は納得されるが、
突然アリーが驚いた表情をし、
悠利と二人だけで話をする事になる。

アリーに改めて職業を尋ねられた悠利は、
【鑑定士】だと嘘を言う。

しかし、アリーは【真贋士】という、
【鑑定士】の上位職業者にも関わらず、
悠利のステータスが確認できない事を理由に、
より上位と伝えられている、
【探究者】であると見抜かれる。

悠利が【探求者】であると知ったアリーは、
他の物事を知らな過ぎる悠利を心配し、
クランで保護することを決める。

居候することが決まった悠利は、
クランの住処を見て回っていると、
その日の食事当番のヤックと遭遇する。

先輩が食材を無駄遣いした結果、
ろくな食材がない状態で、ヤックは困っていた。

悠利は持ち前の料理の知識と腕前で、
たくさんあるジャガイモと、
わずかな残り物から、
カキアゲ、コロッケ、クリームスープを作る。

夕食に出した悠利の料理は絶賛され、
たちまち全員の胃袋を掴んだ悠利に対し、
アリーは、家事全般の仕事を任せると決める。

同時に、クラン員に対しては、
悠利から料理を習うように言いつけ、
さらにヤックには、
悠利に常識を教える役割を与える。

以降、悠利とヤックは買い物をはじめ、
多くの行動を共にするようになる。

その後も悠利は、
この世界にはない知識や考え方で、
家事を通じてヤックたちを驚かせながら、
クランのお母さん的な存在として、
徐々に地位を確かなものにしていく。

登場人物

▼釘宮悠利
異世界に転移した17歳の男性。
家事万能で可愛いものが好きな乙男(オトメン)。

異世界転移した際に、【神の瞳】という、
鑑定系の最上位スキルを手に入れ、
【探求者】という鑑定系の最上位職業となる。

転移先のダンジョンで迷っていたところ、
探索中のクラン《真紅の山猫》に拾われた。

天然気味でチート能力にも無頓着。
異世界でもマイペースに過ごしている。

《真紅の山猫》では家事料理を担当し、
メンバーからは好評価を得るなど、
クランのお母さん的存在として地位を確立していく。


▼アリー
30代半ばの男性。
クラン《真紅の山猫》のリーダーを務めている。

鑑定系上位スキルの魔眼を持っており、
職業は【真贋士】。

スキンヘッドで、
右眼に眼帯をしているが、
見た目に反して理知的で、
何かと苦労人である。

ダンジョンで悠利と出会い、
物事を知らな過ぎる彼を心配し、
自分のクランで保護する事にした。


▼ヤック
13歳の男性。
《真紅の山猫》の見習いで一番下っ端。

豊かでない農村出身であり、
周囲に気配りできるなど、
年齢以上にしっかりとしている。

《真紅の山猫》では見習いが料理を担当するが、
先輩たちが考え無しに食材を使うため、
その尻拭いに毎回苦労させられていた。

残されたわずかな食材から、
美味しい料理を作った悠利を、
感謝するとともに尊敬するようになる。

悠利から料理を学ぼうとするなど、
向上心に溢れており、
アリーからも高く評価されている。


▼クーレッシュ
18歳の男性。職業はシーフ。
《真紅の山猫》に所属する訓練生。

コミュ力に優れたムードメーカー。

茶髪に青い瞳をしており、
そこそこ美形だが、
お調子者なためか、
誰にも美系と認識されていない。

年齢が近いこともあり、
悠利に親近感を抱く。

悠利に取れかけのボタンを直してもらった際に、
身だしなみという考え方を知り、
以降は清潔さを意識するようになる。





今回の調査対象者
調査期間:2017/01/30-2017/02/12
年齢:男性30~39歳 / 女性40-59歳
好きな作品ジャンル:大人への通過儀礼 系

上記コンテンツは、株式会社博報堂DYデジタルが保有する調査パネルデータの分析結果をもとに、対象者によく読まれている作品をピックアップし、紹介しています。

© Hakuhodo DY digital Inc. All rights reserved.