データでご紹介!
今 日 の 一 冊

第30回 2017.2.7

同時召喚されて、自分だけ貧乏くじ?

と思ってたら、能力共有で関係進展。

ワエ

物語

高校生の新城雄二は、
電車での登校中、
車両全体と自分だけを覆う、
二種類の魔法陣に気付く。

異世界転移の前兆に胸を躍らせた雄二だが、
何故か雄二だけが電車に取り残される。

直後、雄二の頭の中に二人分の意識が現われる。
会話した結果、
二つの異世界に同時に召喚された結果、
自分の意識と体が三つに分離したことを知る。

オリジナルである現実世界の雄二は、
集団転移した意識をエージ、
勇者として転移した意識をビージと名付けた。

雄二はそれぞれの意識と接するうちに、
会話やビジョンの共有が可能なだけでなく、
能力やステータスも共有出来ることに気付く。

ビージの持つ、『言語理解』や『成長補正』のおかげで、
英語や他の授業もすんなり理解出来たり、
エージの『尿便意コントロール』を使い、
片思いの笹倉さんにイタズラするなど、
雄二は現実世界で楽しく過ごすようになる。

分離後一週間が経過したある日、
体力テストで笹倉さんとペアになった雄二は、
彼女にかっこいい姿を見せようとした結果、
力の加減を誤り、人間離れした能力を見せ付けてしまう。

雄二がどうしようかと困っていると、
突然笹倉さんが魔力を解き放ち、
他の生徒の記憶を改ざんし、問題を解決する。

驚く雄二に、彼女は冷たい声で、
「どこの派閥の魔術師か」と詰問するが、
雄二が魔術師でないことを正直に語ったところ、
嘘探知魔法を使っていた彼女は、それを信じた。

嘘探知魔法が有効であることを確認した雄二は、
今のタイミングしかないと考え、笹倉さんに告白。
彼女を困惑させながらも、
何とか友達となることに成功する。

その五日後の土曜日の朝、
雄二は突然家を訪ねてきた笹倉さんに驚く。

彼女に事情を訊ねられた雄二は、
正直に、異世界に同時に召喚された結果、
魂が三つに分かれた事と、能力について話す。

雄二はそう話したあと、
彼女に住所を教えていないことなどを根拠に、
裏の目的があるはずだと指摘。

それを認めた彼女は、
自身の置かれている状況について語る。

笹倉さんは、
男性優位な魔術師の組織に所属しており、
トップクラスの実力を持っているものの、
性別故、存在を軽んじられていた。

その上で、能力だけを利用したい組織は、
優秀な魔術師と彼女を結婚させて、
男を生ませようと考えており、
笹倉さんをトロフィー扱いとする、
魔術師同士のトーナメントを開催しようとしている、と。

笹倉さんに助けを求められた雄二は、
純粋な好意から彼女を助けることを誓い、
トーナメントに参加する事を決意する。

登場人物

▼新城雄二
高校二年生の男子。

ある日、二つの異世界から同時に召喚された結果、
体と意識が三つに分離してしまう。

現実世界にいながら、
異世界にいる自分と意思疎通を取れる他、
能力やステータス、持ち物などを共有出来る。

会話出来る友達はおらず、
ぼっちであることを自覚している。

同じクラスの笹倉さんに片思いをしており、
神にも等しい存在と崇めている。


▼笹倉由美
高校二年生の女子。雄二のクラスメート。
セミロングの髪をした小柄な美少女。

雄二からは「笹倉さん」と呼ばれている。

ほんわかした雰囲気を纏っているが、根は快活で、
学校行事などには真剣に取り組む性格。

現代に隠れ潜む魔術師であり、
魔術師の中でも最上位の実力を持つが、
男性優位な組織の中で軽んじられている。

こうした環境に身を置いていたため、
警戒心が強く、したたかで腹黒い一面も持つ。


▼エージ
雄二の分身体。集団転移した方。

神を名乗る存在に、
電車の事故で死ぬはずだったと語られたが、
雄二と意思疎通が取れるため、
それが嘘であることに気付く。

その情報を元に、
神を名乗る美少女悪魔ルミナスを脅し、
『尿便意コントロール』
という奇抜な能力を要求した結果、
彼女に気に入られ、行動を共にするようになる。

ルミナスに好意を持っているが、
価値観の異なる悪魔ということもあり、
なかなか関係は進展していない。


▼ビージ
雄二の分身体。勇者の方。

魔王討伐のために召喚されており、
神様からの加護で様々な能力を持つ。

日々厳しい訓練をこなしており、
また魔法も扱えるなど、
他の雄二との能力共有において、
最も大きな影響を与えている。

召喚された異世界の王女ユナに好意を持っている。
ビージを世界に繋ぎとめるために、
公的に嫁という関係になっているが、
魔王討伐が優先されており、
生殺しの状態が続いている。





今回の調査対象者
調査期間:2017/1/1-2017/01/20
性別:男性
年齢:40~49歳
好きな作品ジャンル:ニヤリとする会話 系

上記コンテンツは、株式会社博報堂DYデジタルが保有する調査パネルデータの分析結果をもとに、対象者によく読まれている作品をピックアップし、紹介しています。

© Hakuhodo DY digital Inc. All rights reserved.